4月

入学式 :4月7日 (金)

桜前線北上の便りと共に、宮城野高校第23回入学式が開催されました。
吹奏楽サークルの生徒による軽快な生演奏にて、希望に満ちた新入生が入場しました。
新入生の入場が終わり、美術科・普通科・総合学科の順に、1年次の担任が思いを込めて一人一人を呼名していきます。真新しいスーツに身を包んだ、美術科41名・普通科160名・総合学科80名の合計281名の入学が許可されました。

美術科対面式:4月11日 (火)

美術科の対面式が行われました。 対面式は、美術科の2・3年次が新入生に美術科の授業について説明する春の恒例行事です。

美術科1年次の感想 先日、美術科の対面式がありました。入学してから初めての先輩方との交流でした。
対面式では、1年次の構成の授業や素描、2年次からの5つの主専攻の説明を、それぞれの主専攻ごとの先輩方が面白く、わかりやすく説明してくれました。先輩方の説明は、これから自分が主専攻を選んでいくうえでとても参考になりました。
また、先輩方がとても優しく、丁寧に私たちに接してくれたので、リラックスし、楽しんで対面式の時間を過ごすことができました。
これからの学校生活や、美術の授業の制作がさらに楽しみになりました。

美術科校外学習「桜スケッチ」:4月14日 (金)

宮城野高校美術科に入学して、最初の美術科実技の授業です。
1年次構成の授業を利用して、学校から徒歩5分程にある田子公園でのスケッチです。田子市民センターをバックに、満開の桜の花をじっくり観察しながらスケッチしました。春風で揺れる花を追いかけながら、この季節の美しさを写し取ることができたのではないでしょうか。

5月   

PTA三団体総会:5月13日(土)

平成29年度PTA・教育振興会・放課後活動後援会三団体総会が開催されました。宮城野高校のPTA活動は大変活発で、保護者の方々が主体的に参加され様々な充実した活動を企画しています。年に一度の総会では、平成28年度の活動報告や会計報告がなされ、その後平成29年度の活動計画や会計案が提案されました。 これからの1年間、PTA役員の方々による様々な企画が運営され、生徒・保護者・教員が三位一体となって宮城野高校をより盛り上げていくものと期待しています。

PTA役員の方々により議事が粛々と進行していきます。          本年度の部長・主任の職員が紹介されました。

体育的行事:5月18日(木)・19日(金)

 今年の体育祭のテーマは

  「体育祭どうすれば楽しめると思ってるの?妥協しない。勝つの。」

 2日間とも晴天に恵まれ、各ホーム熱い戦いを繰り広げました。詳しい内容はこちらから

学問の世界:5月27日(土)

 平成29年度の特別講座第一弾として「学問の世界」が開催されました。今年度は17分野の専門家をお招きし、普段の学校の授業とは一味違う専門的な学問の講義が行われました。学問の世界は、生徒が自分の興味のある分野2講座を受講し、各学問分野の内容や魅力を知ることで、自己の適性を理解し、進路選択についての手がかりを得ることや、総合的な学習の時間での探究学習を深めることを目的としています。

生徒の感想

 私は「心理学の世界」を受講しました。もともと心理学という学問に興味があったので、とても楽しみにしていました。内容は『怒りについて』です。主題である怒りに関する講義もとても面白かったのですが、それ以上に「ひとつの絵を見るのも、その前に見た絵に影響される」という体験形式の講義が面白く、印象に残りました。直前に見た絵によってその後に見た絵が表しているものが変わって見えるのです。ひょっとしたら、自分でも気がつかないうちに他人のことを少しのイメージで決め付けているのかもしれません。
今回の講義を受けて、自分が怒る前に相手が何を考えているのかを意識して行動したいなと思いました。先ほどの絵のように、自分ではそうだと思っていても、相手の行動目的は違う可能性があるのです。そしてそれは、親しい友人に対してでも同じことだと実感しました。今回の「心理学の世界」で習った内容を今後の進路選択や学業、日常生活に役立てていきたいです。

スケアード・ストレート方式による自転車安全教室 :5月30日 (火)

 シャドウ・スタントプロダクションのスタントマンによる自転車の交通事故の実演講習を行いました。
本校でも高校入学とともに通学で自転車を使う機会が増えた生徒が多くいます。自転車と車の衝突や、自転車と歩行者の接触事故を実際に見ることで、事故に遭わない・遭わせないためにはどのような乗り方をしていけばいいのか、よく考える機会になったのではないでしょうか。

実際に実演の自動車に乗った先生と生徒の感想

先生の感想

 私は、普段から自転車を利用しています。今回のスケアード・ストレートでは、自動車に乗り自転車に衝突する事故体験をしました。想像していたよりも衝撃が強く、フロントガラスが割れたことに驚きました。もし自分が自転車の立場で事故に巻き込まれたら、命を落としかねないと思いました。今回のような事故に遭わないよう、交通ルールを守り、安全運転を心掛けましょう。

生徒の感想

 私は、あまり自動車の速度の感覚ががわからないので、40km/hと聞いても、そこまで速くないのではと感じました。しかし、実際に自動車に乗って体験してみると、思っていた以上に速く、自転車にぶつかった時も、ものすごい衝撃でした。
 ニュースなどで見る衝突映像はほとんどが故意ではなく、自動車の運転手や自転車に乗っている人の不注意で大変な事故になってしまいます。 そんな悲しいことには絶対ならないように、自転車の運転中も絶対に気を抜いてはいけないと感じました。

6月

職業人に学ぶ :6月24日(土)

 平成29年度特別講座第二弾として「職業人に学ぶ」が開催されました。
 今年度は18分野の専門家をお招きし、講義が行われました。
 職業人に学ぶでは、各分野で活躍している職業から、職業の内容や魅力、職業に必要な資格や条件等についての講話を聴くことにより、生徒各自が将来の職業選択の手掛かりを得るとともに、職業人が備えるべき職業観と勤労観を養うことを目的としています。先月に行われた学問の世界と併せて受講することで、生徒は将来の進路に対する意識を深めていくことができます。

受講した生徒の感想

 私は今回、「法律」について学びました。実際に弁護士の方においでいただいての講義はとても貴重な体験でした。弁護士というと私は話しかけづらいイメージを持っていましたが、講師の方はとても面白くわかりやすく話していただきました。一番印象に残ったのは、テレビドラマと現実の裁判の違いについてのお話です。私たちが普段ドラマで目にしているシーン。例えば、弁護士が突然自分の推理を話し始めたり、被告人が真実を突然話し始めたりするシーンは実際の裁判では全くないそうです。民事裁判では1分もかからない裁判があるということでした。そのことから、私たちもこれから物事を聞いたり、調べたりして実際に行われていること、行われていたことを知る必要があるなと実感しました。
 その他にも講師の方々には進路に向けてのアドバイスもいただき、「目標を持って勉強に挑め」という言葉が私には突き刺さりました。講師の方は小学5年生から弁護士になるという夢を叶えるために計画を立て、必死に勉強し、努力したそうです。私も講師の方のお話を聞いて、まず「目標」を立てることが大事だなと思いました。これから受験に向かっていくにあたって講師の方の言葉を忘れず、頑張っていきたいです。

 

7月

文化的行事

8月

2年次宿泊研修

9月

学校公開及び学校説明会

10月

文化講演会

美術科二年次日本美術研修旅行

美術科一年次岩手秋田研修旅行

生徒総会

全校遠足

11月

第21回美術科卒業制作展

12月

土曜ゼミナール

1月

 

2月

美術科校内展示

3月

卒業式

FTⅡ発表会

 

学校行事記事作成:情報システム部・情報ボランティア生徒