4月

入学式

第22回入学式が行われました。

5月

体育的行事 :5/19(木)~20(金)

テーマは
「シャルロット・ケルディは言った。『余は君たちにスポーツマンシップなど求めていない。敗者に敢闘賞は無く、そして使命は一つだ。勝て』」

体育的行事が行われました。晴天の中、宮城野オリジナル創作ダンスから熱い2日間が始まりました。
1日目はドッジボール,バレー,バスケや運動会が、2日目は1日目と同様の競技と全員競技の玉入れが行われました。

2日目の最後はそれぞれのHRの個性が出た衣装を身にまとい、楽しい体育的行事を締めました。

学問の世界 :5/28(土)

平成28年度特別講座第一弾として「学問の世界」が開催されました。
今年度は17分野の専門家をお招きし、普段の学校の授業とは一味違う専門的な学問の講義が行われました。
学問の世界は、生徒が自分の興味のある分野2講座を受講し、各学問分野の内容や魅力を知ることで、自己の適性を理解し、
進路選択についての手がかりを得ることを目的としています。

受講した感想と当日の様子

私は「地域創生学」を受講しました。当日、教室は緊張した雰囲気に包まれており、まるで大学の講義のようでした。
「地域創生学」の講義は『仙台の歴史から今の仙台を見つめていく』という内容であり、現在使われている道路の場所と、昔使われていた道路の場所が変わっていないということに驚きました。
他にも、仙台市地下鉄東西線の開業による影響について考えることができ、とても有意義な時間となりました。

 

6月

職業人に学ぶ :6/25(土)

平成28年度特別講座第二弾として「職業人に学ぶ」が開催されました。
今年度は18分野の専門家をお招きし、講義が行われました。
職業人に学ぶでは、各分野で活躍している職業から、職業の内容や魅力、職業に必要な資格や条件等についての講話を聴くことにより、生徒各自が将来の職業選択の手掛かりを得るとともに、職業人が備えるべき職業観と勤労観を養うことを目的としています。

受講した感想と当日の様子

私は今回、「航空の世界」という講座を受講しました。講義の前半は、航空に関する仕事について詳しく説明していただきました。
私が印象に残ったのは航空に関するそれぞれの仕事は繋がりあっているという話です。今まで私はパイロットと受付カウンターは別々の仕事だと思っていましたが、実際は繋がりがあるということで驚きました。
講義の後半は、受付カウンターの仕事について実際に再現しながら説明していただきました。特に、飛行機にハプニングが起きた事態に冷静に対応する姿に感銘を受けました。この講義を聴き、さらに航空の仕事に対する興味が湧きました。

 

7月

文化的行事 :7/15(金)校内発表 ・ 7/16(土)一般公開(学校説明会も同日開催)

今年度の文化祭テーマは「笑顔満祭 ~選ばれたのは宮城野でした~」です。
今回の文化祭装飾テーマは「和」でした。階段や廊下など、校内のいたるところに和の装飾が施されていました。
有志団体による模擬店では、食べ物や可愛いハンドメイドの雑貨などが販売されました。展示では美術科が作品展示をしたり、ライブペインティングなどを行い、日頃の制作活動の成果を発表していました。また、パフォーマンスでは、宮城野高校のダンスサークル「MDO」などが会場を盛り上げ、迫力あるダンスを披露していました。
一般公開ではたくさんの方にご来場いただき、笑顔があふれる文化祭となりました。

8月

2年次宿泊研修:7/31(日)・8/1(月)

2年次の宿泊研修を2日間の日程で行いました。この研修は関東方面の大学や企業等への訪問を通して、現代日本の先端を行く研究活動や社会活動の生きた姿に触れ、各自の学問研究を深め、進路意欲を高めることを目的としています。

訪問学習の感想(普通科 総合的学習の時間 FTⅡ)

 私はFTⅡ訪問学習で東京海洋大学を訪問しました。私達の班は「生物の変換」をテーマに研究を進めており、対象物として「クジラ」を設定しています。そこで海洋大学に「鯨類学研究室」という学部があることを知り、今回伺わせていただきました。
海洋大学ではクジラの進化の過程などについてを展示物で見ることができました。クジラの全体骨格なども展示されており、その大きさに圧倒されました。今回の訪問でクジラの進化について詳しく知ることができました。ここで学んだことをFTⅡの最終発表に活かしていきたいと思います。

訪問学習の感想と当日の様子(総合学科 総合的学習の時間 PSⅠ)

 私はPSⅠ訪問学習で野村総合研究所を訪問しました。この訪問先は東京駅から徒歩数分のところにあり、まさに日本経済の中心にあるという印象を受けました。ここで私は「IT戦略プログラム」を受講しました。この講義は「IT設備を使いコンビニの利益を上げる」という内容で、分かりやすくとても興味深かったです。この講義を受けてIT技術は大切なものだと改めて実感でき、また情報の重要性も知ることができました。この体験を今後の進路探究に活かしていきたいです。

美術科スケッチ合宿:8/2(火)~4(木)

美術科・総合学科(美術系列)1・2年生の希望者を対象としたスケッチ合宿を行いました。
この合宿では、学校内では体験できない自然とのふれあいの中で、美術の創作活動に対する意欲および技術力の向上を目指すことを目的としています。

合宿の感想と当日の様子 今年度の合宿は国立花山青少年自然の家と花山湖でスケッチや創作活動を行いました。
1日目は花山湖でスケッチの予定でしたが、途中から雷雨のため花山自然の家に移動し、所内でスケッチや人物クロッキーを行いました。
2日目は、フォレストアートを行いました。1・2年次混合の班で「花山の精霊」のイメージを考え、そのイメージを自然にあるもので作り出すというものです。先輩と後輩が協力しながら楽しく作ることができました。
最終日は 、快晴になり、とても暑い日でした。1日目の続きの花山湖でスケッチをしました。暑い中、自分が一番描きたいと思った風景をそれぞれ集中して描いていました。
今回の合宿では、先輩後輩の交流もできました。また、それぞれが日常ではあまり触れることのできないたくさんの自然に囲まれながら創作活動ができたことはとても大きな収穫だと思います。

中学生対象水彩画実技講習会:8/6(土)

中学生を対象とした、自画像の実技講習会を行いました。当日はたくさんの方にご参加いただきありがとうございました。


9月

 

学校公開及び学校説明会 :9/10(土)

学校公開及び学校説明会が行われました。当日は授業・校舎内の見学の他、生徒作成の学校紹介スライドによる説明会や、PSのポスターセッション、美術科のクロッキー体験授業などが行われ、中学生の皆さんは宮城野高校での生活を具体的にイメージできたのではないでしょうか?
来校いただいた皆さまありがとうございました。宮城野高校で共に学べることを願っています!

10月

文化講演会 :10/5(水)

 文化講演会を行いました。今年度は、国際問題に関する生徒の意識を高めることを目的とし、戦場カメラマンとして活躍されている渡部陽一さんをお招きして、「戦場からのメッセージ~ファインダー越しに見た命の戦場~」というテーマで講演をしていただきました。


当日の様子と感想 テレビでよく拝見する渡部陽一さんは、独特な語り口調で有名な方ですが、その語り口調のままでした。講演ではステージの端から端まで身振り手振りを交えながらお話ししてくださり、とても刺激的な時間になりました。
渡部さんが戦争を最前線でご覧になられて思うことは、『いつも被害は「子供」に降りりかかる』ということだそうです。
大人が戦争しても子供がまったく関係ないことにはなりません。薬が届かなかったり、病院がなくなったりして病気になっても治療ができない状況があります。更には学校に行けなかったりします。日本にいる私たちは男女平等に学校に通うことができ、より良い学習ができています。今回の講演を受けて、そんな環境に感謝しなくてはならないと思いました。


日本美術研修旅行:10/6(木)~ :10/9(日)

美術科2年次の宿泊研修を4日間の日程で行いました。
この研修では、世界に誇るべき優れた日本美術を、写真や映像、教科書だけの表面的な学習だけでなく、歴史ある奈良、京都の地において実物に触れ、心から感動する体験を通して、日本文化への理解を深め感性豊かな人間形成を目指すことを目的としています。

主な訪問先:
奈良研修(法隆寺・唐招提寺)、京都研修(新薬師寺・興福寺・三十三間堂・清水寺ほか・京都市立銅駝美術工芸高等学校 との交流会)

京都市立銅駝美術工芸高等学校 交流の感想と研修の様子

美術科研修旅行2日目、私たちは銅駝(どうだ)美術工芸高校と交流会をしました。交流会では同じ制作をしている高校生同士、互いにどんな作品を制作してるかや自分たちの主専攻について話をしました。交流会の前には京都市美術館で行われていた銅駝高校の作品展示を拝見し、彫刻や絵画作品の他に漆芸や染物もあることに刺激を受けました。特に抽象彫刻の表面の表現を漆で行っている作品は、独特のつやが美しく、そのつやを活かすような造形でした。素材に合い、活かす作品をつくるということはこれからの制作への参考になりました。この交流で受けた刺激を大切にしていきたいです。


美術科一年次岩手秋田宿泊研修:10/20(木)~ :10/21(金)

美術科1年次の宿泊研修を2日間の日程で行いました。この研修は学校内では体験できない歴史的文化財や美術作品の鑑賞を通して、美術の創作活動に対する意欲および創造力の向上を目指すことを目的としています。

訪問先と研修の様子

1日目 岩手県 平泉(中尊寺)・岩手県立美術館
2日目 秋田県 秋田県立近代美術館(秋田ふるさと村内)


生徒総会:10/18(火)

当日の様子と感想 一年次が入学して初めて参加する宮城野高校での生徒総会でしたが、気持ちを切り替えるいいきっかけになる行事になりました。
議題としては、来年度の体育祭や文化祭についてや新しいボランティアの発足について等、多くの議論が交わされました。改めて全校生徒で宮城野高校の良いところ、悪いところを考え直すことができたので、生徒総会が終わってからも引き続き宮城野高校をより良くしていくためにどうするべきかを考え続けていければ、と思います。

全校遠足:10/21(金)

宮城野高校の遠足はホーム単位で1日校外へ出かけて、ホームの交流を深める行事です。
今回も果物狩りや野外炊飯などのレクリエーションを通じてホームの親睦を深めてきました!

当日の様子と感想

 私のホームでは蔵王に梨狩りとバーベキューをしに行きました。自然が豊かな場所で食べる梨はみずみすしくてとても美味しかったです。
私自身、梨がとても好きだったのですが、今回の梨狩りを通してさらに好きになりました。
友達とバーベキューをするのが初めてだったので、バーベキューは一番楽しかったです。肉の取り合いになったり、焼けているかいないかで揉めたりしましたが、皆で楽しい時間を過ごせました。特にソーセージが美味しかったです。
その後私のホームはうみの杜水族館へ行き、水族館の開業に携わった人のお話を伺いました。産業社会と人間の授業を結びつけたお話をしていただき、とても勉強になりました。講義後の自由時間では、アシカとイルカのショーを見たり、ペンギンの写真を撮ったりこちらも楽しい時間を過ごせました。この遠足で得たことを今後の学校生活にいかしていきたいです。


11月

第20回美術科卒業制作展:11/15(火)~11/20(日)

 宮城県美術館の県民ギャラリーにて美術科・総合学科美術系列の3年生による卒業制作展を行いました。
今回の卒業制作展は20回目の節目ということで「にじゅうとび」というテーマを設けました。このテーマには今までの卒展を跳び越えたい、そして、輝く未来へ跳躍する自分たちの可能性を感じられる卒展にしたいという願いが込められています。
期間中は多くの方にご来場いただき、感想などをいただくことができ、実りのある展示会になりました。この経験を活かせるよう、それぞれの進路に向けて頑張っていきたいと思います。

第20回美術科卒業制作校内展示:11/21(月)~12月末

 校内ギャラリーにて卒業制作の展示を行いました。第1弾は洋画・日本画・彫刻・クラフトの4分野。入れ替わりで第2弾はヴィジュアルデザインです。美術館で展示した作品の選抜となりますが、とても見ごたえのある作品ばかりで、いつもの学校がまるで美術館のようです!
絵画作品の一部は全体の作品展示が終わった後も、校舎内の壁面に飾られています。学校にお越しの際はぜひご覧ください。

第1弾:洋画・日本画・彫刻・クラフト


第2弾:ヴィジュアルデザイン


中学生対象水彩画実技講習会:11/26(土)

 中学生を対象とした、静物画の実技講習会を行いました。当日はたくさんの方にご参加いただきありがとうございました。

12月

土曜ゼミナール:12/3(土)

 平成28年度特別講座第三弾として「土曜ゼミナール」が開催されました。
この講座では、本校の教育方針に基づき、生徒の進路目標の達成および国際化・情報化など社会の変化への主体的な対応能力の形成において、その基礎となる生徒各自の社会的な興味・関心や問題意識、自己の社会的役割の認識を育成するための主体的・体験的な学習を行うことを目的としています。
今回は卒業生の特別講座を含め、20分野の専門家をお招きし講義を行いました。これまでの特別講座と違い、校外学習も多く行われました。保育園や天文台での講義を受けて、専門分野の活動を目の当たりにし、より主体的な学習ができたのではないでしょうか。

「地域未来デザイン」発表会:12/15(木)

総合学科所属の情報ボランティア生徒の感想  総合学科1年次の産業社会と人間の授業で取り組んできた「地域未来デザイン」の全体発表会を行い、代表の5グループが自分たちの見つけた地域の課題について、現状と解決策を発表しました。
「石巻の活性化」「歩きスマホ」「地域と高校生のつながりで住みやすい街へ」「身近な施設ボロくない?」「白石の伝統で街を活気づける」とテーマは様々でしたが、どのグループもとても建設的な意見と提案が述べられていました。
また、発表後には宮城大学の佐々木秀之准教授をはじめ、フィールドワークでお世話になった方々から、それぞれのグループに対して講評をいただきました。今後の活動についてのアドバイスもいただき、次年度からの個人研究に向けて、イメージを膨らませることができると思います。 
そして、私は今回の研究活動を通して、自分たちが考えた地域の課題に対する解決策を実行に移すことが最も大切だと感じました。
宮城野高校から地域の未来をより良い方向に変えるために、一人ひとり、できることをしていければと考えます。

1月

みやぎ高校生フォーラムin宮城県庁:1/28(土)

 1月28日(土)に県庁講堂において,「平成28年度みやぎ高校生フォーラム」が開催され,総合学科1年次生4名が参加しました。当日は,各校が20分で「私たちの志と地域貢献」というテーマでまとめたポスターを活用したポスターセッションと,代表校による地域貢献活動の全体発表や,パネルディスカッションが行われました。以下は,ポスターセッションに参加した生徒の感想です。

 「初めは,聞いてくれる人がいるか,きちんと発表できるかなど,色々心配でしたが,たくさんの人が真剣に聞いて,うなずいてくれたりもしてくれて嬉しかったです。発表も,伝えたいことを伝えられたので良かったです。また普段関わることが少ない他校について知ることができたり,交流ができたので良い経験になりました。」

 

2月

美術科校内展示:2/15(水)~3/3(金)

 校内ギャラリーにて、美術科1・2年次、総合学科美術系列2年次の作品展示を行いました。
1月に行われた宮城県高等学校美術展に出品された作品も含め、力作が揃っています。学校にお越しの際はぜひご覧ください。

3月

卒業式:3/1(水)

 第20回卒業式が行われました。


2年次総合的な学習の時間(FTⅡ・PSⅠ)全体発表会:3/23(木)

 2年次総合的な学習の時間で1年間取り組んできた研究の、全体発表会を行いました。今年度は普通科各分野の代表班8班と、総合学科の代表3名がPSⅡに向けての中間発表を行い、とても見ごたえのあるものになりました。また、国立教育政策研究所国際研究・協力部総括研究官の沼野太郎先生から全体の講評を頂きました。1年次は次年度の授業に、2年次は進路探究に向けて、よい刺激になったのではないでしょうか。

国立教育政策研究所 国際研究・協力部 総括研究官 沼野 太郎 先生からご講評をいただきました。

 講評では,今回の発表ではユニークな切り口の発表が多かったとの感想をいただいた上で,予測可能な研究からは新しい成果を得ることが難しいので,失敗を恐れず,失敗を楽しんで研究に挑んで欲しいとのご助言をいただきました。
 また,一般的な社会科学系の研究の進め方についてわかりやすくご説明いただきました。
 以下が,その概要です。
 1 自らが面白いと感じたテーマを見つけること
 2 先行研究の有無についてリサーチすること
 3 仮説を立てたうえで文献調査,聞き取り調査など調査研究を行うこと
 4 研究結果を基に仮説の検証を行うこと
 さらに,研究をまとめる際には,他者が理解しやすい資料をつくることや,インターネットの情報を参考文献として使用する場合は、記載されている情報をきちんと検証した上で、最後にアクセスした日も明記することなどのご助言もいただきました。
 沼野先生,お忙しい中,ご来校いただき本当に有り難うございました。

発表を行って(FTⅡ:物理班)

 私たちは、太陽系の惑星、生命の生存条件、生命が存在可能な惑星に着目し、近隣惑星、主に火星と金星への移住シミュレーションについて研究しました。同じ太陽系の惑星でも、比べてみると相違点が多々あり、生命生存条件が不可能に近いものから可能性のあるものまで、様々な考察ができました。1年間課題研究を行い、今まで知らなかった事柄も学ぶことができ、とても良い経験になりました。また、情報収集の難しさをあらためて感じ、まとめ、発表やレポートの作成などの経験は将来の役に立つと思いました。
 全体発表では参観に来た中学生の皆さんからたくさんの質問をしていただき、研究不足をあらためて実感すると同時に、新たな課題も見つけることができました。多くの人の前での発表はとても緊張しましたが、とても良い経験になりました。

発表を聞いて(1年次:総合学科)

 今回の発表を聞いて、それぞれのグループの発表は、これまでの先輩方の努力が感じられました。生徒や教員、見学に来た田子中学校の方々からも積極的な質問があり、特に中学生の方々には宮城野高校の魅力が伝わったのではないかと思います。最後に講評をいただいた、沼野先生のお話は、私たちがこれから研究を進めていくうえで、今すぐ参考にしたいものばかりでした。特に、ネットから引用する場合は日付まで記載するというアドバイスは初めて聞いたもので、驚きました。私たちも新年度の研究に向けて先輩方を目標に頑張っていきたいと思います。

選択芸術Ⅰ授業作品展示:3/24(金)~4月上旬

1年次は選択芸術Ⅰとして、音楽・書道・美術の3分野から1つを選択し、授業を行っています。今回は校内ギャラリーにて、書道・美術の作品展示を行いました。1年の集大成をぜひご覧ください。

 

学校行事記事作成:情報ボランティア生徒