総合学科

未来の扉を開こう

 皆さんは総合学科と聞いてどのようなイメージを持ちますか?普通科・美術科と並び設置される進学型の総合学科は全国でも珍しく,本校は開校当時から「課題探究」を核とした総合的な学びに取り組んできました。現在でも,自ら掲げた高い目標を持った生徒が集う学科として,県内外から注目されています。また昨年度からは,総合学科の独自性をさらに強め,「未来デザインプロジェクト」と称する新たな取り組みを始めたところです。
 中学校と高校の大きな違いは,学ぶ内容の量と質が一気に高まることにあります。しかし宮城野高校では,そのような与えられる学びに加え,自分たちで求め解決する力を伸ばします。例えば,多くの皆さんが訪れる文化祭(例年2,000人超!)。とても人気があり,クオリティの高さにも定評がありますが,その秘密は企画から運営に至るまで,すべてを生徒自身が行うことにあります。200名もの生徒が協力して作り上げる祭りは,中学校では得られない面白さとエネルギーに充ち満ちています。実は勉学も同じです。総合学科の2年~3年次にかけて取り組む課題研究は,80名の生徒一人ひとりが,自分で見つけ出したテーマを探究して生み出します。皆さんもぜひその成果物をご覧になってみてください。
 グローバル化が急速に進展し,世界の問題が国内の課題と直接的に結び付いてくる現代社会においては,さまざまな問題の解決に向けて,積極的かつ創造的に未来を切り拓く人材が求められます。宮城野高校の総合学科では,3年間の学びを通して,教科的な学力にとどまらず,課題探究力や発信力,そしてコミュニケーション力などを身に付けることで,さまざまな課題に立ち向かい,未来の社会に貢献できる人材を育てています。
 あなたは,自ら疑問を持ち,調べ,そして自信を持って語れるような高校生にあこがれませんか?そんな力を持ちたいと願う中学生の皆さん,「宮城野高校総合学科」でともに学び,未来の扉を開きましょう。

総合学科トップページ

美術科

「美術が好き・・・」すべては、ここから始まります。

 創作活動が大好きで、もっともっと色々なことにチャレンジしたい!という人に、宮城野美術科では充実した環境が用意されています。
 それだけではなく「私は何のために作るのか?」という美術に向かう根本的な姿勢も学んでもらいます。技術的に優れた、いわゆる上手な作品を作り出すことだけが、美術の目的ではありません。作品制作を通して、現代社会における様々な諸課題に向き合う姿勢や想像力を身につけることも大切にしています。
 美術を志す県内各地から集まった仲間とともに、様々なことを体験できる宮城野美術科で、夢中になって創作活動に取り組む充実した高校生活を送ってみませんか!

美術科ホームページ

普通科

普通科へようこそ

 皆さんは、高校で学ぶことの意味を考えたことがありますか?多くの場合、その先の道を見つけるため、と答えるかもしれませんね。
 普通科の「普」は、「あまねく」や「広く」の意味を持ちます。文字通り、あらゆる進路に対する自由度が大きいコースです。普通科生徒の多くは、四年制大学進学を希望しますが、憧れの仕事に就くために専門学校を選ぶ生徒、公務員等の就職を選ぶ生徒もいます。その意味では、誰にでもあてはまる一般コースと言えるでしょう。
 学校生活においては、生徒が中心となって企画・運営する「運動祭」や「文化祭」の中心的役割を担うのも普通科の特色です。生徒どうしでコミュニケーションをとりながら、苦しみや喜びを分かち合い、大きな行事を成功させる体験は、何物にも代えがたい本人の財産となります。また、入学までに打ち込んできた習い事を続ける生徒も少なくありません。2年次までの放課後は、自由裁量の自分自身の時間にあてることができます。自分たちでサークルを立ち上げ、仲間と楽しく放課後の活動をしている姿もあちこちで見られます。加えて、外部講師を招いた幾つかの講座、教員による放課後講座、ボランティア活動など、自分の進路を見つけるヒントがあふれている学校なのです。
 高校時代というのは一生を左右するような出会いがある時代です。それは一人の友人か、一冊の本か、一人の教員かもしれません。大切なのは、自分の道を見つけようとする意欲と行動力です。本校の教育目標にある「個性重視と自己管理」がこれにあたります。なりたい自分になるためのサポートを、本校では皆さんとじっくり話し合いながら進めていきます。
 仙台にゆかりのある文豪、魯迅は次の言葉を遺しました。
  「後ろを振り向く必要はない。あなたの前にはいくらでも道がある。」
 本校普通科で、自分だけの道を見つけてみませんか。意欲あふれる皆さんの入学を心からお待ちしています。