宮城野高校進路指導の概要

1.活動方針

(1) 10年後を見据えた進路設計
  高い志を持ち,社会との関わり方を意識した主体的な進路選択を促す。
(2) 「学ぶ主体」の形成(学力の把握,向上)
  学力を自己点検し,主体的かつ計画的に学習に取り組めるように促す。
(3) 受験の多様化に対応(「面接」「小論文」「総合問題」指導の推進)
  大学入試センター試験,国公立大学個別試験等に対応できる指導方法を蓄積する。
(4) 生徒一人ひとりの能力と適性に見合った希望進路の達成
  興味,関心,適性を踏まえた進路目標の設定を促す。

2.重点目標

(1) 全年次 国公立大学を中心とする四年制大学への進学等)希望進路達成のために積極的に努力する姿勢を養い,自己実現できるよう支援する。
(2) 1年次 ① 進路実現の基盤となる基礎学力を養う。そのために授業の予習・復習を徹底し,家庭学習時間を確保する,計画的に学習に取り組むなど学習習慣を身につけるよう指導する。
② 自己理解や職業観を深め,将来実現すべき自身の生き方を探るとともに,興味ある学問について自ら調査・研究する姿勢を育成し,主体的な進路選択を促す。そのために,研究企画部主導のもと,普通科・美術科においては「フロンティア・タイムⅠ」,総合学科においては「産業社会と人間」の時間等を活用し指導する。
(3) 2年次 ① 1年次から継続して,進路実現の基盤となる基礎学力を養う。そのために授業の予習・復習を徹底し,家庭学習時間を確保する,計画的に学習に取り組むなど学習習慣を身につけるよう指導する。
② 進路探求的な体験学習と課題研究をもとに,自己理解や職業観をさらに深め,主体的な進路選択と具体的構想を促す。そのために,研究企画部主導のもと,普通科・美術科においては「フロンティア・タイムⅡ」,総合学科においては「プロジェクト・スタディⅠ」の時間等を活用し指導する。
(4) 3年次 ① 大学入試センター試験,国公立大学個別試験等に対応できる学力を身につける。そのために授業を軸として,家庭学習や課外等を利用した学習計画を組み立て実行できるよう指導する。
② あらためて自己の進む道,将来の姿を明確にし,早期に志望校を決定する。そのために,必要となる情報を自ら収集できるよう指導する。なお研究企画部主導のもと,美術科においては「フロンティア・タイムⅢ」の時間,総合学科においては「プロジェクト・スタディⅡ」の時間等も活用する。

3.進路データ